カードローンの返済方法を解説!賢く返済する方法やおすすめのカードローンを紹介します

「カードローンでお金を借りたいけど、どの返済方法がベストか分からない…」「金利が高くて、返済が辛そう…」そのようなお悩みを抱えている方に知っていただきたいのが、カードローンの返済方法です。

カードローンの返済方式には約定返済と臨時返済がありますが、臨時返済を活用すると支払い総額が抑えられ、利息を減らせます。

また、おすすめのカードローンも紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

本記事では、カードローンの返済方法や賢く返済する方法について解説します。

カードローンの返済方法にはどんなものがある?

方法

カードローンで借り入れた資金は返済約定日までに元金と利息を返済しなければなりません。

そこで考えなければならないのが返済方式と返済方法。

返済方式には約定返済臨時返済の2種類があります。

一般に借入期間が長くなるほど返済額も大きくなりますので、2つの返済方式を上手に組み合わせ、自分の経済状況にあった適切な返済方法にするのが大切です。

カードローンの返済方式は大きく2つに分けられる

分類

カードローンの返済方式は、約定返済と臨時返済の2つです。

毎月一定額を返済するのが約定返済、自分の好きなタイミングで自由に返済を行うのが臨時返済です。

それぞれの内容について詳しく見てみましょう。

約定返済

毎月契約で決められた約定返済日に決められた額を返済する方法であり、返済金額は借入金額に応じてカードローン会社との契約で決定します。

約定返済の利点は、毎月返済額が固定されているため予算管理がしやいことです。

しかし、約定返済だけでは返済が長期化しやすく結果的に支払う利子が多くなり、返済総額が大きくなる可能性も。

また、毎月必ず一定額を支払わなければならないため、借入れを検討する前に返済金額や返済期間のシミュレーションは必須です。

無理のない返済計画を立てましょう。

臨時返済(繰り上げ返済)

期日に関係なく自分の好きなタイミングで借入を返済する方法で、繰り上げ返済ともいいます。

臨時返済の金額は決められていないため自分が支払える金額を支払います。

臨時返済のメリットは、借入残高を早く減らせる点。

返済した資金は元金の返済にあてられるため返済期間が短くなり、支払う利息が減少します。

そうなれば、支払い総額を抑えられます。

支払い余力があるときは臨時返済を積極的に利用するとよいでしょう。

カードローンの返済方法は主に3種類

3つの選択肢

借り入れたカードローンは提携ATMや銀行口座からの自動引き落とし、指定口座への振込の3つの方法で返済できます。

それぞれの方法についてみてみましょう。

提携ATMを利用

ATM

1つ目は提携ATMを利用する方法です。

カードローン会社と提携しているATMを通じて返済できるため、カードローン会社のATMが近くになくても利用可能です。

特にコンビニなどで返済できると非常に便利です。

ただし、ATMで振り込む際に振込先を間違ってしまうとお金が戻ってこない恐れがありますので、振込先の入力時には誤りがないよう十分注意して行いましょう。

加えて手数料を負担することが多いので、その点も確認が必要です。

また、ATMでの返済を考えている人は、自宅近くのATMに対応しているカードローン会社なのか調べておくとよいでしょう。

銀行口座からの自動引き落とし

引き落とし

2つ目は銀行口座からの自動引き落としする方法です。

電気や水道といった公共料金と同じように、口座引き落としで返済することも可能です。

引落日になると自動的に口座から引き落とされるため、支払い忘れがありません。

しかし、口座の金額が不足していると支払い不能となり延滞とされてしまうため、引落日の前に口座の金額を確認する必要があります。

指定口座への銀行振り込み

振込

3つ目は指定口座に振り込む方法です。

ただし、手数料がかかるのが難点。

最近、主要銀行で振込手数料の値上げの動きが広がっています。

2023年4月には、メガバンクの三菱UFJ銀行が振込手数料の値上げを発表しました。

銀行振り込みを利用する前に、手数料をしっかり確認しておきましょう。

カードローンのシミュレーション機能を活用しよう

シミュレーション

カードローン利用時に、どのくらいの金額をどれくらいの期間で返済するといった計画を立てるのが非常に重要です。

シミュレーションの例として以下のパターンがあります。

  • 毎月の返済額をシミュレーション
  • 返済期間がどのくらいになるかをシミュレーション

借入額・返済期間・金利の情報を入力すると、毎月の返済額が割り出せます。

30万円を6ヶ月返済、金利12%で借りると、毎月の返済額は元利込みで51,764円となります。

半年間で毎月5万円以上の返済はかなりハードルが高いかもしれません。

借入金額・毎月返済額・金利がわかると、返済期間が割り出せます。

30万円を金利12%で借入れ、毎月2万円ずつ返済すると返済期間は17ヶ月となります。

毎月2万円では、返済にかなりの期間がかかりますので、もう少し月ごとの返済額を増やしたほうがよいかもしれません。

カードローン会社のシミュレーションを使うと自分の置かれている現状や支払いの見通しなどがハッキリしますので、借入計画の立案などで非常に役立ちます

カードローンを賢く返済するには繰り上げ返済がおすすめ

おすすめ

先ほど述べたように、返済方法には約定返済と臨時返済(繰り上げ返済)があります。

「賢く」返済するにはどうすればよいのでしょうか。

結論をいえば、積極的に繰り上げ返済を利用するのがおすすめです。

カードローンの借入は約定返済で毎月一定額を返済するのが一般的。

しかし、約定返済には返済期間が長くなるというデメリットがあります。

期間が長くなれば、その分利息も増えてしまうので、借り入れた人にとって不利に働きます。

そこで有効なのが借入元本を返済する繰り上げ返済。

後ほど詳しく述べますが、借入元本が減少することで借入期間や利息を減らせるからです。

また、負債を抱えている点への精神的負担を軽くできます。

カードローンで繰り上げ返済をするメリット

メリット

繰り上げ返済のメリットは支払い総額の減少借入期間の短縮利用限度額の枠の復活の3つです。

それぞれについてみてみましょう。

支払い総額を抑えられる

多くのカードローン会社は、支払い方法としてリボルビングを採用しています。

リボルビングのメリットは、借入額が大きくても毎月の支払い額を一定に抑えられること。

しかし、この方法には借入元金が減りにくく返済期間が長期化しやすいというデメリットがあります。

そのため、返済初期には「毎月支払っている割に、借り入れた元金がまったく返済できない」といった事態が起こりがちです。

繰り上げ返済を活用すると、借りた元金が減少し利息もそれに応じて減額されるので、結果として支払い総額を減らせるのです。

少しでも返済余力があるなら、元金を減らすための繰り上げ返済をするのがおすすめです。

借入期間を短縮できる

カードローンで採用されがちなリボルビング払いの場合、最初に借り入れた金額が大きいと利息ばかり支払ってなかなか元金が減らず、返済期間が長くなるという弊害があります。

かといって、毎月の返済額を大きくしてしまうと自分の生活が成り立たなくなるかもしれません。

そのような状況であれば、余裕がある月だけ追加で返済する繰り上げ返済がおすすめです。

繰り上げ返済は元金の支払いにあてられるため、確実に借入期間を短縮できます。

また、借入期間が短くなれば、返済に関する不安の軽減にもつながりますので精神的なメリットもあるといえるでしょう。

利用限度額の枠を確保できる

カードローンのメリットの1つに、何度でも繰り返し借入可能という点がありますが、無限に借りられるわけではなく上限金額が設定されています。

繰り上げ返済を行い、借入金額を減らすと利用限度額の枠を確保しましょう。

繰り上げ返済には注意点もある

注意点

繰り上げ返済は借入残高の減少や支払い総額の減少や利用限度額の復活といったさまざまな利点があるため、積極的に使用したい返済方法です。

ここからは3つの注意点について確認します。

無理な繰り上げ返済はしない

1つ目の注意点は無理な繰り上げ返済をしないことです。

借りたお金をなるべく早く返したいと考え、その月の支出を考えずに返済に多くの金額を回してしまうのはリスクがあります。

繰り上げ返済を利用する前に、毎月の生活費や臨時の出費を予想してみましょう。

  • 手取り月収:200,000円
  • 家賃:70,000円
  • 光熱費・通信費:20,000円
  • 食費等:50,000円
  • カードローン:30,000

上記のような収支であれば余力は30,000円と算出できます。

しかし、30,000円の余力があるからといって全てを繰り上げ返済にあてるのはハイリスク。

なぜなら、急な出費が発生する可能性があるからです。

せっかく返済したのに、また借金しなければならなくなります。

そういった事態に陥らないためには、繰り上げ返済の金額を10,000円に抑えたほうがよいでしょう。

このように、自分の置かれた状況を分析し、不測の事態が発生してもある程度対応できる余裕を残したうえで、繰り上げ返済を活用するのがベストです。

繰り上げ返済手続きごとに手数料がかかることも

カードローン会社によっては、繰り上げ返済の利用時に手数料が必要となります。

せっかく繰り上げ返済をして元金を減らしても、手数料を多くとられてしまえばメリットを活かしきれません。

そういった事態を避けるには、借入をする前に繰り上げ返済の手数料の有無を調べておくとよいでしょう。

そもそも、繰り上げ返済で手数料を設定していないものや、インターネットで手続きをすると手数料が無料となるものもあります。

事前に下調べをし、無駄な出費を減らすようにしましょう。

繰り上げ返済しても約定返済が免除されない

「繰り上げ返済を利用すれば、その月の約定返済は支払わなくてもよい」と考える方がいますが、残念ながらそれは誤りです。

繰り上げ返済を実行しても、借入残高が残っている限り約定返済日には決められた金額を返済しなければなりません

このことを忘れてしまうと返済をしていない滞納の扱いになり、以下の3つのデメリットが発生します。

  • カードローンが利用できなくなる
  • 信用情報にキズがついてしまう
  • 遅延損害金を請求されてしまう

繰り上げ返済はあくまでも臨時の返済であり、通常の約定返済が免除になるわけではないので注意しましょう。

返済方法が豊富で便利なおすすめカードローン

クレジットカード

実際にカードローンを利用するとき、どのカードローン会社を選べばよいか迷うかもしれません。

ここでは、返済方法が豊富で便利な4つのカードローンについて紹介します。

アイフル

アイフルの返済方法は以下の6つです。

  • インターネット返済
  • 口座振替(自動引き落とし)
  • 銀行振り込み
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携ATM

もっとも便利なのはインターネット返済

手数料無料・24時間返済可能でカードが不要ですので非常に便利で、口座振替とアイフルATMでの返済も手数料無料です。

手数料がかかってもよければ身近なコンビニのATMを使用して返済することも可能です。

しかし、提携ATMでは1,000円未満の入金ができませんので注意しましょう。

プロミス

プロミスの返済方法は以下の6つです。

  • インターネット返済
  • 口座振替(自動引き落とし)
  • 銀行振り込み
  • スマホアプリ
  • プロミスATM
  • 提携ATM

基本的には先ほど取り上げたアイフルと同様です。

セブン銀行やローソン銀行などと提携しているため、多くのコンビニで支払いが可能

さらに、ゆうちょ銀行とも提携しており、これらを通じて借入や返済が可能となっています。

レイクALSA

レイクALSAの返済方法は以下の6つです。

  • Web返済サービス
  • SBI新生銀行カードローンATM
  • 口座振替サービス
  • スマホATM取引
  • 提携ATM
  • 銀行振り込み

レイクALSAのWeb返済サービスを利用すると深夜・土日祝日でも返済可能。

三菱UFJ銀行や三井住友銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行などと提携していますので、これらの銀行を利用すると手数料無料となります。

また、SBI新生銀行カードローンのATMを利用すれば、硬貨のお釣りも支払われるため1,000円未満の支払いもできます

アコム

アコムの支払方法は以下の5つです。

  • インターネット
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 振込
  • 口座振替(自動引き落とし)

セブン銀行ATMで、QRコードを読み取ると簡単に返済できます。

セブン-イレブンの利用頻度が高い人であれば、メリットが大きいといえるでしょう。

返済しやすいおすすめカードローンを探したいならこちら

無利息

返済のしやすさは2つの観点から考えられます。

  • 金利の低さ
  • 無利息期間の有無

金利が低いカードローンであれば、返済総額を低く抑えられるため返済しやすくなります。

比較的低金利で借入できるのは銀行系のカードローンです。

信販・クレジット系や消費者金融系と比べると融資までの時間がかかりますが、金利の抑制が可能。

銀行系の中にはメガバンクが運営しているものもあるため、その点でも安心感があります。

短期で返済するのであれば、無利息期間を設けている消費者金融系のカードローンが返済しやすいといえるでしょう。

消費者金融系は審査が早いのが特徴です。

不意の出費への対応であり、短期で返済するめどがあるなら、30日から60日の無利息期間を設けている消費者金融の方が有利です。

カードローンの返済方法を理解して賢い選択をしよう

女性 おすすめ

今回はカードローンの返済方法について解説しました。

カードローンの主な返済方法は、提携ATMの利用口座振替銀行振り込みの3つ。

最近はインターネットを活用した返済も選択肢に加わっています。

手数料等を考えると、インターネット返済がもっとも有利。

金利負担を軽減し、支払い総額を抑えるには繰り上げ返済が有効です。

元本を早く返済できるため利息を減らせるからです。

しかし、借入残高を減らすことだけを重視してしまうと思わぬ出費に対応できません。

繰り上げ返済をする際は、収入と支出のバランスを見たうえで無理なく活用するとよいでしょう。