イオンカードでキャッシングが使える!イオンカードのメリットやデメリット・キャッシング用カードの選び方を解説

買い物の際にあと少しお金があればこれが買えるのに…との場面に遭遇した出来事はありませんか?

そのような方に今回はすぐにお金を借りたり買い物でポイントも貯められたり、更に海外通貨のキャッシングも可能なイオンのキャッシングをお勧めします。

この記事ではイオンカードを使うときのメリット・デメリット・イオンサービスのキャッシング方法とイオンカード以外の融資サービスなどを合わせて紹介しています。

イオンカードでキャッシングが使える!

カード

全国どこにでもあるイオンのお店では、イオンカードを使ってお得に買い物ができます。

そしてイオンカードのような、普段買い物で使っているカードがキャッシングにも使えると聞くとなんだかお得感がありますね。

今回はそのようなイオンカードでキャッシングすると何ができるのかまとめてみました。

イオンカードのメリット

ショッピングカート クレジットカードここからはイオンカードを使う上でのメリットについて紹介したいと思います。

イオンカードは買い物に使うとき以外にも支払い等にも広く使えますので非常に便利なカードです。

 イオン系列店舗でお得に使える

イオンカードは全国のイオングループ対象店舗の利用で使うとポイントが2つきます。※基本は200円(税込)ごとに1WAON POINTです。

そしてカードを使うと毎月決まった日に、買い物代金の割引が受けられるサービスも見逃せません。

更には楽天・Yahoo!ショッピングで買い物するだけでもポイントが貯まるのは大きなメリットでしょう!これだけ聞いてもお得感がありますね。

 WAON機能が搭載されている

イオンカードは使うとイオン独自のWAONポイントも貯まるようになっています。

イオンカードを使って支払いすると、決済により貯まるポイントの種類やポイント数も変わる点も抑えておきましょう。

これはイオンでは現金で商品を購入するよりも、クレジットカードでの支払いか電子マネーでの支払いの方がポイントも貯まりやすくなりお得になります。

特にイオンカードセレクトは、WAONのオートチャージとWAONでの支払いでポイント二重取りも可能です。

カードの種類が多彩で選択肢が広い

イオンカードはゴールドカードのみならず、種類だけでも53登場しているとのことでした。(2023年5月現在)

また、買い物のみのポイントが貯まるだけではなく、例えば音楽などのレッスン受講料を支払う際に特定のカードを使用することでもポイントが貯まります。

ポイントを貯めるだけではなく、いろいろな場面でイオンカードが使えるのは嬉しい要素といえるでしょう。

イオンカードにはデメリットもある

リスク

一方、イオンカードを使うときにはデメリットも発生します。手痛いデメリットではありませんが留意しておきたいポイントです。

ポイント還元率は高くない

ポイント還元

イオンカードでは、カードの利用代金に応じたWAON POINTが貯まります。普段のWAON POINTの還元率は0.5%です。

しかしイオングループの対象店舗で使うとポイント還元率が2倍になり、還元率は1.0%と嬉しいポイントアップとなります。

そしてWAONポイントは、200円ごとに1ポイントがもらえるサービスで貯まったポイントで商品との交換や他のサービスへの移行も可能です。

しかし、キャッシング・ローン・集金代行の利用はWAONポイントの対象外となります。

一部のカードで引き落とし口座をイオン銀行しか選べない

イオンカードは他のカードと同じように、イオン銀行以外の口座でも引き落としがかけられます。

しかし残念ながらイオンカードセレクトと呼ばれるカードは、イオン銀行以外の口座には変更不可となっているのです。

イオンカードセレクトとは、イオン銀行のキャッシュカード・クレジットカード・電子マネーWAONが1枚になったカードを示します。

このように口座が指定されていると若干の不便さを感じますね。

キャッシングサービスのメリット

キャッシング

ここからイオンのキャッシングサービスのメリットについて紹介します。

ポイントが貯められるだけでなく、イオンのカードでキャッシングサービスではどのようなサービスが受けられるのか詳しく見てみましょう。

手続きなしで借入れが受けられる

イオンカードはATMに行かなくてもネットキャッシングなら最短数十秒で借入れができます。

振込も原則24時間365日すぐ対応してくれるのもうれしいメリットですね。

申込みは利用金額と支払い方法と振込先口座を選ぶだけで完了し、すぐ指定口座に振込してくれます。

利用枠内で何度でも借入れ可能

イオンカードはキャッシング利用可能枠の範囲内で、Webや電話から申し込んで繰り返し利用が可能です。

ここは他のキャッシングと同じ構造となっています。

調べてみるとキャッシング利用可能枠の範囲内は1000円~300万円でした。

少額からでも借りられるのはメリットが大きいですね。

海外で現地通貨のキャッシングにも対応

世界の主要通貨

現地通貨を必要な分だけ引き出しできるのも、イオンカードを使うメリットになります。

イオンカードは海外のATMで現地の通貨でも引き出せ、なんと世界150か国以上VISA・JCB・MastercardのATMでも利用可能です。

海外旅行へ行く場合はイオンカードを持っていくと便利で安心できますね。

けれど注意点があり、それはイオンカードの海外キャッシングの支払いはリボ払いのみとなる点でしょう。

なので海外キャッシングを使うと自動的にリボ払いの手数料がかかってしまう点には注意が必要です。

イオンカードで海外キャッシングをする前には、必ず利用可能枠を確認して変更しておくようにしましょう。

そして利用可能枠の引き上げには、審査が必要となるので余裕をもった変更の手続きをお勧めします。

キャッシング利用には注意点もある

使うと便利なキャッシングにも注意点があります。

勿論イオンカードのみならずキャッシング全般にもいえますが、ここではどのようなところが注意点なのかを押さえておきましょう。

キャッシング枠の残高に注意

資金不足

イオンカードでのキャッシングでは、キャッシング枠が0円の場合は利用できません。

そのためキャッシングを使う際は、自分の持っているイオンカードにキャッシング機能が設定されているか今一度確認してみましょう。

またイオンカードのインターネットサービスですぐキャッシング枠を確かめられ、電話でも24時間利用限度額を確認できます。

しかしキャッシング枠とショッピング枠には制限があり、上手く使わなければすぐに利用限度額に達するので注意が必要です。

手数料・金利がかかる

イオン銀行のATMでの借入れとリボ払いの返済手続きは手数料無料です。

しかし他提携ATMでの借入れや、返済の手数料は1万円以内なら110円、1万円以上になると220円かかるのはデメリットといえるでしょう。

また全国のコンビニエンスストアや多くの銀行ATMでも借入れや返済手続きができるのは助かりますね。

けれど普段イオンで買い物をする方は、なるべくイオン銀行ATMで借入れや返済の手続きをすると費用を節約できるのでお勧めしています。

そして、イオンカードのキャッシングの金利は残念ながら安いとはいえません。

金利はイオンカードは年率7.818.0%で、年18.0%の金利は法律で定められている限度の中でも最大金利です。

そのため、イオンカードのキャッシングを利用すると高い利息を払わないといけないので注意が必要になります。

また、利息は日割りでの計算なので借りた金額と期間が大きいと利息も増えるのも注意点といえるでしょう。

計画的に返済ができるような利用を考えましょう。

イオンカードのキャッシングサービス利用方法

ATM

イオンカードのキャッシング方法は、ATM・CD機で現金を引き出す方法と、インターネットか電話で自分の口座に振込んでもらう方法があります。

イオンはATM・CD機を全国に約15万台以上設置し対応しています。

そしてイオン銀行のみならず、多くの銀行ATM・提携ATMでキャッシングの手続きが可能です。

他にもイオンのキャッシングはインターネットや電話からの申込みもOKとされています。

例えば、仕事が忙しくて手続きに行けないといった理由でATM・CD機でのキャッシング手続きが難しい場合にはインターネットまたは電話にて借入れの手続きを行いましょう。

インターネットから手続きは、カード指定の口座がイオン銀行なら36524時間手数料無料ですぐに振込みがあるのでありがたいですね。

手続きも簡単に行えるので、急な出費や引き落とし日の残高不足などの緊急時も安心して利用ができます。

電話から手続きは36524時間受け付けているのも安心できるポイントです。

電話は自動音声応答サービスで方法は初めての方でもわかりやすく、自動音声に従うだけで簡単に手続きが行えます。

キャッシング以外のお勧め融資サービス

融資サービス

ここまでキャッシングのメリット・デメリットについて紹介しましたが、キャッシング以外にもお勧めの融資サービスがあります。

今回は銀行系カードローンと消費者金融カードローンの2種類についてそれぞれ見ていきましょう。

銀行系カードローン

銀行の外観

銀行カードローンとはメガバンク・地方銀行・ネット銀行が提供する個人向け融資を指します。

銀行系カードローンの特徴は担保・保証人不要・利用目的は自由という名目で、銀行が融資してくれる安心感と消費者金融より低めの金利という点で人気です。

中には住宅ローンやその他サービス併用で優遇が受けられるカードローンがあることも魅力の一つになります。

一方、消費者金融と異なり審査に必ず1営業日以上かかるので即日の融資は難しいでしょう。

そのため、最短で融資を受けたい場合は別のカードローンから選ぶようにお勧めしています。

そして銀行カードローンを使う前に比較する際は、金利だけでなくWebで返済可能か、口座がなくても使えるかなどの申込みやすさ返済方法の利便性も考えたいものですね。

消費者金融カードローン

カードローン

消費者金融カードローンのメリットとしてあげられるのは、融資までにかかる時間が短いという点です。

これらは、ほとんどの審査の結果が最短30分~即日でわかります。

また会社が土日も営業し、更には審査後お金を借りるまでの手続きも早いので申込みをしたその日中にお金を借りることも可能です。

消費者金融カードローンは会社によっては無利息期間が設定されている場合があります。

これは30日間は無利息という場合は、借入れから30日以内に全額返済してしまえば利息を支払う必要がないというものです。

また返済期日が複数用意されていたり、返済方法も口座振替・ATMから返済できたり、様々な方法から返済が選べるのもメリットといえるでしょう。

一方、デメリットもあります。ひとつが消費者金融のカードローンは銀行カードローンに比べて金利が高く設定されている点です。

その為何のために、いくらの借入れが必要で、返済見込みの目途を立てるといった借入れや返済の計画を立てたうえでの利用が大切になります。

もうひとつのデメリットとして、借入限度額の決定にあたって総量規制の適用を受ける場合があることを忘れてはいけません。

年収の3分の1を超える借入れが必要な場合には、この点はかなりの注意が必要になるでしょう。

イオンカード以外のキャッシングにお勧めカード

キャッシング

イオンカード以外にも各金融機関やカード会社もキャッシングサービスを展開しています。

様々な種類がありますので、下でそれぞれの特徴を少し紹介していますが気になるものがあれば利用してみると良いかもしれません。

三井住友カード(NL)

いわずと知れた大手メガバンクが提供しているカードです。

カード両面に番号が印字されていないのでカード番号を盗み見出来なくなっています。

普段利用しているコンビニエンスストア・ファストフード店でタッチ決済をするとVポイントが最大5%還元になるなどポイントが貯まりやすいカードなので使い勝手がよさそうですね。

Vpassアプリではカードを使うと通知が届くので、不正利用もすぐに気付けます。また年会費は永年無料という点も魅力的です。

ライフカード

ライフカードは国内14万台以上の金融機関・コンビニエンスストア・スーパーマーケットのATMで1万円単位での利用も可能です。

さらにそれぞれのカードにはVISAなどの国際ブランドがほとんど付与されています。

これらの国際ブランドの提携ATMまで含めると海外100万台以上の提携ATMが利用できるカードです。

またライフカードでは、インターネットを利用したオンラインキャッシングの利用もでき利便性も追及されていました。

自宅から24時間申込みができ、お金は口座へと直接振込まれるのでATMへ行く時間を取るのが難しい際には大いに役に立つでしょう。

ライフカードでは電話でのキャッシングにも対応しており、自動音声ガイダンスに従って申込むだけで口座に金額を振込んでくれます。

楽天カード

楽天会員にはお得なカードになっており会員のランクに応じて審査の優遇を受けられます。

提携ATM手数料が無料になっているのもうれしいポイントになりますね!

最大限度額は800万円とゆとりある金額になっていてしかも入会金・年会費は無料です。

返済は月々最低2,000円~で、金利年1.9%~年14.5となっているので無理のない返済計画が立てられます。

そして、カードを作るときは楽天銀行の口座開設は不要なのでいつも使っている口座でも利用できるのも嬉しいポイントでしょう。

そして申込書類の記入は一切不要で、申込はスマホですべて完結します。

クレジットカードのキャッシングを検討しているならこちら

キャッシング

クレジットカードのキャッシングには様々な種類がありますがこの記事では特にイオンカードをお勧めしています。

イオンカードをお勧めしたい理由は以下の3つです。

  • 急な出費にも対応できる優れもの:利用できるATMが全国に置いてあるので使いやすい。
  • 利用限度額を増額しやすい:利用限度額の増額は、いつでも電話かインターネットの会員ページから申込みが可能。
  • 返済がいつでもできる:リボ払いでのキャッシング時に、ATMでいつでも1000円単位から返済可能。

便利なキャッシングサービスを活用しよう

キャッシング

ここまでいかがでしたか。

普段イオンで買い物する機会がありますがイオンカードのキャッシングがここまで便利なものとは思いませんでした。

ポイントも買い物により貯まるし、キャッシングにも使いやすいので生活の強い味方になってくれそうですね。

これからは積極的に使いこなしたいものです。

それに加えて、カードローンの種類についても比較しながらイオンカードのキャッシングを利用するか考えてみるのもいいかもしれませんね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。