お金を借りる方法を徹底解説|今すぐ必要な場合におすすめの方法や安全性・低金利・審査通過しやすい方法などをパターン別にご紹介

初めてお金を借りる時には、不安はつきものです。安全に、できれば低金利でお金を借りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

お金を借りる方法にはさまざまあり、金利や審査の基準などもそれぞれ違いがあります。

また、貸金業者の中には無登録で営業している業者や、法外な金利を取る危険な業者もまぎれているため注意が必要です。

今回は、お金を借りる方法を徹底解説します。すぐに借りる方法や安全性、低金利で借りる方法などもご紹介していきますので、参考にしてみてください。

お金を借りるにはどのような方法がある?

通帳とお金

生活費の足しにしたい、給料日前にどうしても欲しいものがあるなどの理由で、少しだけお金を借りたいと思った経験のある方も多いのではないでしょうか。

自動車ローンや住宅ローンなどといった大きな目的のための借金だけではなく、必要な時だけお金を借りる方法を知りたいという方もいると少なくありません。

初めてお金を借りる時には、誰でもある程度の不安がつきものです。安全に、なるべく負担にならないように借りたいと思っている方も多いでしょう。

お金を借りる方法には、銀行や消費者金融などのカードローン、クレジットカードのキャッシングなどがあります。

さらに、信用金庫やJAバンク、銀行の目的別ローンなどの方法も注目したいところです。

消費者金融なら即日で借りられるところもあるため、すぐにお金が必要だという場合にも重宝します。

借り入れ時はローンカードやクレジットカードでATMから引き出す、銀行に振り込んでもらって銀行のキャッシュカードで引き出すなどの方法が一般的です。

銀行や貸金業者として正規の登録をしている金融機関なら、安全にお金を借りることができます。

今すぐお金を借りる場合におすすめの方法

ビジネスマンのイメージ

お金を借りる方法にはさまざまあり、方法によって借りやすさや借り入れの場所、借りられるまでにかかる時間などが異なります。

申し込みやすさや審査の通りやすさ、即日融資可能かどうかなどを事前にチェックし、ご自分に合った借り方を選びましょう。

すぐにお金を借りるためにおすすめの方法をご紹介します。

消費者金融カードローン

消費者金融のカードローンは、申込みの時間帯や方法によっては即日融資可能なものもあるため、すぐにお金を借りたい方にもおすすめです。

最近では申し込みがWEBやアプリなどででき、店舗に出向いたり郵送で書類を送ったりする必要のないものが多くなっています。

消費者金融の自動契約機を利用すればその場でローンカードを受け取ることもできるため、ローンカードが自宅に届くのは困るという方にもおすすめです。

多くの自動契約機はATMが併設されているため、ローンカードを受け取ったらすぐにATMで借り入れができる点もメリットでしょう。

消費者金融のカードローンは、申し込みの際には必ず審査が行われます。

審査に通る自信がないという方もいるかもしれませんが、年齢の基準を満たしていて、安定した収入が継続してあるようならば大丈夫です。

また、パートやアルバイトの方が申し込みができる消費者金融も多くなっています。

クレジットカードのキャッシング

キャッシング枠の付いたクレジットカードを持っている方なら、クレジットカードを使ってすぐにお金を借りることが可能です。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、お金を借りたい場合はキャッシング枠の限度額まで借りることができます。

ただし、ショッピング枠の中にキャッシング枠が組み込まれていることもあるため注意が必要です。

借りられる限度額は、ショッピングの利用状況によっても変わってきます。

新規に申し込みをすることなく手持ちのクレジットカードで借りられるので、申し込みが面倒な方や、気軽にキャッシングを利用したい方などにおすすめです。

反面、クレジットカードのキャッシングは手軽に罪悪感もなく借りられてしまうので、ついお金を使いすぎてしまう危険があります。

お金を借りているという意識を持って、計画的に借り入れをしましょう。

コンビニのATM

ATM

お金を借りる時には、ATMでローンカードを使って引き出すか、自分の銀行口座に振り込んでもらいキャッシュカードで引き出すのが一般的です。

通常はその金融機関のATMから借り入れを行うことになりますが、なかにはコンビニのATMに対応しているところもあります。

コンビニのATMで借り入れができれば、自宅近くのコンビニでも職場の近くのコンビニでも現金を引き出せて便利です。

また、旅行先や帰省中などにお金が足りなくなったという場合でも、コンビニで簡単にお金を借りられます。

手軽にお金を借りたいなら、消費者金融のカードローンなどの申し込み時にコンビニのATMで対応可能かどうかをチェックしておくのがおすすめです。

アプリ

最近では、スマホアプリだけで申し込みから返済まで完結する消費者金融のカードローンもあります。

すき間時間にこっそり申し込みができますし、通常は郵送物なども自宅に届かないため、家族にお金を借りることがばれにくいのがメリットです。

申し込み時の手間も少なく、スピーディーに借り入れができる点もポイントでしょう。

ローンカードが発行されないのでカードを紛失する心配がなく、財布にローンカードが入っていることで借金がばれるような事態も防げます。

なかにはアプリを使ってコンビニのATMでお金を借りられるところもあり、借り入れも簡単です。

借り入れや返済の状況をアプリで管理できるので計画的に利用しやすく、返済の遅れなどを防ぐこともできます。

周りの人へのばれにくさや使い勝手の良さを重視する方は、アプリの機能が充実しているかどうかにも注目して選びましょう。

安全性を重視してお金を借りる方法は?

安全安心イメージ

お金を借りる時には、安全性が大事だと感じている方も多いのではないでしょうか。

通常、貸金業者としての登録をきちんとしている金融機関なら安全に借りることができます。

特に安全性を重視する方におすすめなのが、銀行系のカードローンや政府金融機関です。詳しく見ていきましょう。

銀行のカードローン

銀行が提供していて安全性や安心感が高いのが、銀行カードローンです。

金利は年1.5%くらいから年15.0%程度で消費者金融よりもお得に借りることができ、申し込みはWEBや自動契約機などえます。

現在では銀行カードローンは即日融資に対応しておらず、審査の結果は、最短でも翌営業日の連絡となることがほとんどなのでその点は注意が必要です。

借り入れまでに多少時間がかかっても安心してお金を借りられるカードローンを選びたいなら、銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

政府金融機関

政府金融機関は、政府によって設立された日本の経済の安定や発展などを目的とした金融機関です。

令和4年3月現在、政府金融機関には以下の5つがあります。

  • 株式会社日本政策金融公庫
  • 株式会社国際協力銀行
  • 沖縄振興開発金融公庫
  • 株式会社日本政策投資銀行
  • 株式会社商工組合中央金庫

民間の金融機関に比べて低金利で融資を行っており、事業資金や会社の設立資金の調達などに利用されることも多いです。

一般的に、民間の金融機関よりも審査に通りやすく借り入れがしやすい点がメリットだといえます。

政府によって設立された金融機関なので、安心して借りられる金融機関を選びたい人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

低金利でお金を借りる方法は?

生活に欠かせない銀行

同じお金を借りるなら、できれば低金利で借りたいと思っている方が多いでしょう。

以下の方法ならば消費者金融や銀行のカードローンよりも低い金利で借りられる可能性があるので、借り入れを行う前にぜひチェックしてみてください。

銀行の目的別ローン

銀行にはカードローンのほかに、目的別ローンも用意されています。

目的別ローンといえば自動車ローンや住宅ローンのほか、教育ローンやリフォームローンなどが代表的です。

カードローンと比べると金利が低く、上限金利が年5.0%~年10.0%前後の商品もあります。

利用目的に合ったローンが見つかれば、カードローンを利用するよりも低金利で借りれることが多いのがメリットです。

なかにはペットローンやデンタルローンといった商品を展開している銀行もあります。

いろいろな銀行の目的別ローンを調べれば、自分のニーズにぴったりのものが見つかるかもしれません。

また、さまざまな用途に利用できる多目的ローンやフリーローンなどを取り扱う銀行もあります。

カードローンよりも少し金利が低いことが多いので、用途に合った目的別ローンが見つからない場合はこちらも検討してみるとよいでしょう。

地元の信用金庫

街並み 信用金庫

信用金庫でも、カードローンや目的別ローンなどが展開されていることが多いです。

地方銀行のカードローンは、窓口に行かないと申し込みができないなど手続きが面倒なイメージを持つ方もいるでしょう。

しかし、最近では信用金庫のカードローンもWEBで仮審査の申し込みができることが多いです。

消費者金融より金利が低いのが一般的なので、急ぎではない場合には信用金庫のカードローンも視野に入れてみましょう。

また、ブライダルローンやリフォームローンといった目的別ローンが用意されていることもあります。

自分の地元の信用金庫にどんなローンがあるのか、どんな申し込み方法ができて手続きにどのくらいかかるのか調べてみるとよいでしょう。

JAバンク

JAバンクでも、カードローンをはじめ住宅ローン・自動車ローン・教育ローン・リフォームローンなど、さまざまなローンが展開されています。

JAバンクのカードローンの金利は地域によってそれぞれ異なりますから、お住まいの地域のJAバンクの金利を確認してみるのがおすすめです。

一般的には消費者金融のカードローンよりも金利が低いことが多いので、低金利のカードローンをさがしている方はチェックしてみましょう。

おまとめローン

すでに複数のカードローンなどから借り入れがあり、1つにまとめたいという方や金利が高くて困っているという方は、おまとめローンの利用がおすすめです。

もともと借りていたカードローンよりも金利の低いおまとめローンで1つにまとめれば、支払う利息が少なくなるので結果的に借金を減らすことができます。

また、複数の返済日があって返済を忘れてしまいそうな方にとっても便利です。返済日が月1回になるので、返済を忘れにくくなるのもメリットでしょう。

ただしもとからある程度の借金があることや、借りる金額が大きくなることなどから、審査は比較的厳しめの傾向にあります。

審査通過しやすいお金を借りる方法は?

OKのプレートを見せる女性

転職して間もない・専業主婦で働いていないなど、カードローンなどの審査に通る自信がないという方も実際少なくありません。

審査に通過するのが難しいことが考えられるケースでは、審査の通りやすさを重視して借入先を選びましょう。

生命保険契約者貸付

生命保険契約者貸付とは、生命保険に契約している人が保険会社からお金を借りられる制度です。

解約返戻金を担保にしてお金を借りるため、借り入れ時の審査がないというメリットがあります。

カードローンの審査に通る自信のない方にもおすすめの方法です。

保険は解約する必要がなく、そのまま継続して利用することができます。

対象となるのは、解約返戻金のある保険です掛け捨てタイプの保険の場合には対象とならないため注意しましょう。

借りられるのは解約返戻金の一定の範囲内の金額となるので、借り入れ限度額はこれまでに払った保険料によっても異なります。

専業主婦(主夫)や配偶者貸付に対応しているカードローン

キッチンで料理の味見をする女性

通常、消費者金融のカードローンの審査申し込み基準には「継続して安定した収入があること」という条件が設けられています。

パートやアルバイトをしている主婦(主夫)ならば審査に通る可能性がありますが、専業主婦(主夫)の場合には審査落ちになる可能性が高いです。

専業主婦(主夫)がお金を借りるなら、配偶者貸付に対応したカードローンを選びましょう。

配偶者貸付とは総量規制の例外として、配偶者と本人の年収を合計した額の3分の1までお金を借りることができる制度です。

配偶者に充分な返済能力があれば、専業主婦(主夫)でもお金を借りることができます。

また、銀行のカードローンは配偶者に継続的に安定した収入があれば専業主婦(主夫)でも申し込みができるところもあるので、チェックしてみましょう。

専業主婦(主夫)の方は、配偶者貸付対応のカードローンや、銀行のカードローンを中心にさがしてみるのがおすすめです。

どの方法も難しい場合に検討しよう

資料がのったテーブルで説明をする男性

これまでさまざまなお金を借りる方法をご紹介してきましたが、状況によってはどれも厳しいというケースもあるでしょう。

そのような場合、民間の金融機関からの借り入れ以外も視野に入れておくことが必要です。

借り入れが難しい場合におすすめの方法をご紹介します。

中小の消費者金融を利用する

消費者金融には、テレビCMでおなじみの大手のほかにも中小の消費者金融があります。

中小の消費者金融の場合、審査の際に多少の融通をきかせてもらえる可能性もあるため、お金を借りるのが難しい方は検討してみましょう。

ただし、あまり聞き覚えのない名前の中小消費者金融を利用する時には細心の注意を払ってください。

貸金業としての登録をしているかどうか、事前に必ず確認することをおすすめします。

登録業者かどうか調べたい時には、金融庁のホームページの「登録貸金業者情報検索サービス」が便利です。

入力ページから、調べたい貸金業者の登録番号や所在地、名称などを入力することで検索ができます。

なかには中小の消費者金融と見分けのつかない無登録業者(闇金)もあるため、注意が必要です。

一度闇金から借りてしまうとあっという間に利息が膨らんで借金地獄に陥ってしまうこともあるため、中小消費者金融を利用する時には慎重に調べましょう。

公的機関に相談する

民間の金融機関からお金が借りられず困っているなら、公的機関での相談も視野に入れてみましょう。

借金や多重債務など、お金のトラブルで悩んでいる場合には法テラスへの無料相談がおすすめです。

また、お住まいの地域の社会福祉協議会に相談してみるのもよいでしょう。

条件が合えば、生活福祉資金貸付制度などを利用できる可能性があります。

不要品を売る

すぐに手元にお金が欲しいけれど借りられないという場合には、不用品を売ることも検討してみましょう。

不要品を売る方法としては、リサイクルショップで買い取ってもらうフリマアプリで売るオークションに出品するなどがあります。

リサイクルショップはまとめて買い取ってもらえて手間がかからないのがメリットですが、思ったより買取額が安いこともあるため注意が必要です。

一方でフリマアプリやオークションの場合には、ものによっては比較的高く売れる可能性もあります。

ただし、自分で梱包や発送などを行う手間がかかるデメリットがある点を理解しておきましょう。

利用をおすすめしないお金を借りる方法

NGサインの女性

今すぐにお金が必要なのになかなか借りられないとなると、焦って正確な判断ができなくなる可能性があります。

そんなときに好条件の借り入れ先を見つけたら、危険も顧みずについ飛びついてしまうかもしれません。

しかし、危険な相手から不用意にお金を借りてしまうと、借金地獄になり人生の歯車が狂ってしまう可能性もあるため充分に注意しましょう。

個人間融資

個人間融資とは、個人間でお金を貸し借りすることを指します。インターネットを通じて、個人間融資専用の掲示板やSNSなどで取引を行うのが一般的です。

直接相手に会うことなく取引ができ、審査もないため気軽に利用したくなってしまいますが、危険なので利用しないようにしましょう。

ケースによっては法外な金利を取られてしまったり、トラブルに巻き込まれたりすることもあり非常に危険です。

場合によっては、一般の利用者を装った闇金業者が紛れていることもあります。

警察には民事不介入の原則があり基本的に個人間取引には介入できないため、被害に遭っても警察に相談することは難しいのが現実です。

無登録業者

札束の前に並んだ1万円札と黒い人形

貸金業を営むためには、貸金業者として登録をする必要があります。

なかには無登録で貸金業を行っている業者(闇金)もいるため、お金を借りる時には注意しましょう。

一般的なカードローンなどに比べて異常に安い金利である場合や、ブラックでも借りられるなどと謳っている場合には、闇金の可能性が高いです。

好条件を提示されたらつい飛びつきたくなってしまいますが、安易に借りると大変なトラブルに巻き込まれてしまうため、絶対に借りてはいけません。

闇金業者といえば派手なスーツを着たいかつい男性というイメージを持っている方も多いかもしれません。

しかし、最近ではソフト闇金と呼ばれるタイプの闇金業者もいるため注意が必要です。

一見エリートサラリーマンのような風貌で対応も丁寧なのでつい利用したくなりますが、最終的には法外な金利を取られる危険もあります。

少しでもおかしいと思ったら、利用しないようにしましょう。

無登録業者のホームページはよくできているものも多く、一見きちんとした貸金業者に見えることもあります。

大手の貸金業者に似た名前になっていたり、登録番号が書かれていたりするケースもあるので注意しましょう。

日本貸金業協会のバナーが付いていることもあり、見分けるのは困難です。

怪しいと思ったら金融庁のホームページの「登録貸金業者情報検索サービス」で検索を行い、危険を回避しましょう。

お金を借りる方法に悩んでいるならカードローンがおすすめ

複数のクレジットカード

初めてお金を借りる方やお金を借りる方法に悩んでいる方におすすめなのが、カードローンです。

カードローンはスマホから気軽に申し込みできるものが多く、誰にも会わずに借りることができる点も魅力でしょう。

なかには、WEBやアプリだけで手続きが完結するものもあります。

消費者金融のカードローンなら即日融資も可能なので、今日お金が必要だという方にもぴったりです。

カードローンに関する情報を探しているなら

スマホを操作する男性のイメージ

カードローンについての情報収集は、さまざまなサイトを調べなくてはならず意外と大変なものです。

カードローンやお金全般についてのさまざまな情報が1つにまとまったサイトを利用すれば、多くのサイトを見なくても必要な情報を得ることができます。

カードローンキャッシングマスターでカードローンについての情報収集をして、ベストな方法でお金を借りましょう。

目的に合ったお金を借りる方法を調べてみよう

人差し指を上げるポーズをする女性

今すぐにお金が必要な理由は、人によってさまざまでしょう。

生活費の足しにしたい方もいるでしょうし、ある程度大きな目的のためにまとまったお金が必要な方もいます。

生活費や結婚式のご祝儀など給料日がくれば返済できる場合や今すぐ借りたい場合は、カードローンやクレジットカードのキャッシングがおすすめです。

運転免許証を取得する資金が欲しい、結婚資金が必要などという目的がある場合は、カードローンよりも銀行の目的別ローンを利用した方が金利を安く抑えられます

そのため、しっかりと情報収集をしてからお金を借りるようにしましょう。