クレカのキャッシング枠のメリットは?金利や借り方・ショッピング枠との違いについてもご紹介します

クレジットカードのキャッシング機能は大変手軽で便利なサービスです。急な出費の発生時や海外旅行の渡航先でも簡単にお金を借りることができます。

しかしその一方で、利息や手数料がかかり、返済が長期化すると支払金額が増えてしまうなど注意も必要となります。

本記事では、クレジットカードのキャッシングを利用する際のメリットとデメリット、金利や借り方などについてご紹介します。

これからキャッシングサービスの利用を検討している方やあまりご存じない方は、ぜひ今後の参考にしてください。

クレカのキャッシング枠とは?

キャッシュカードとカレンダー

キャッシングとは、現金が借りられるサービスのことをいいます。一般的にはカード付帯のキャッシングサービスを略して「キャッシング」と呼ぶことが多くあります。

クレジットカードにもキャッシング機能が付帯されていることがあり、その利用枠のことを「キャッシング枠」といいます。

キャッシング枠はクレジットカードを申し込む際に希望したキャッシングの上限金額をもとにカード会社の審査によって決定されます。

ただし、クレジットカード取得後でも希望により上限金額を増額させることが可能となっています。

クレカでキャッシングするメリットは?

メリットのサイコロ画像

クレジットカードのキャッシングサービスは、まとまった現金が急に必要となったときなどに大変便利に使える機能です。それでは、キャッシングのメリットについてみていきましょう。

カードローンの審査に通る必要がない

カードローンは、借入れ専用のカードでありカードそのものが融資を受けることを目的としているので審査に通る必要があります。また、キャッシング機能のようにカードに付帯しているわけではありません。

一方、クレジットカードのキャッシングサービスは、当初からクレジットカードに付帯されている機能です。カードローンのように審査に通る必要がありません。

即日でお金を借りられる

一万円札と電卓

クレジットカードのキャッシング枠で、一番メリットに感じられるのは、スピーディーに借入れすることが可能なことです。

自分が持っているクレジットカードにキャッシング枠が付帯していれば即日、利用することができます。

現金を引き出すための手続きも不要です。また使い道が自由で、わずらわしい書類も必要なく手軽な利用が可能です。

海外旅行でも使える

パスポートと外国の国旗

海外滞在ときに、ATMから現地の通貨を出金できる点もキャッシングの大きなメリットのひとつです。海外旅行に行った際、渡航先で「現金が足りない!」なんてこともあるかもしれません。

そんなときは、キャッシング機能がついたクレジットカードを持っていれば安心です。「海外旅行のためだけにキャッシング枠をつけている」という人もいるほどです。

また、両替をせずに通常よりも良いレートで外貨を入手することもできます。日本から多額の現金を持ち歩くリスクがないというのが大きな利点だといえるでしょう。

海外に行く機会が多い人は、VISAなどの国際ブランドのクレジットカードがあれば多くの国でATMが使えます。ぜひ持っておくことをおすすめします。

お金を借りていることが周りにばれにくい

一般的にクレジットカードのキャッシングの申込や利用をしても、他人にばれてしまう可能性はかなり低いといえます

理由としては「保証人が不要なこと」「カードを見てもキャッシング枠の有無は判断できないこと」などがあげられます。

また「勤務先への在籍確認がない」こともあげられるでしょう。さらに、カード会社には守秘義務があることも理由のひとつです。

クレカのキャッシングのデメリットは?

クレジットカードのキャッシングは、困ったときに現金がすぐに用意できるので、いざというときにとても助かるサービスです。しかしその一方で、気をつけなければならない点もあります。

それでは、次にクレジットカードのキャッシングのデメリットについてみていきましょう。

手軽に借りられるので使いすぎる可能性がある

浪費の表示 テレビ カメラ 自動車

キャッシングでお金を借りるのは非常に簡単です。コンビニのATMなどで、簡単に利用可能なのがキャッシングの特長です。このことから何度も利用していると、まるで自分の口座からお金を下ろしているような感覚にすらなってしまいます。

さらに、1回目に借りたときに比べ、2回目以降は一気に心理的なハードルも下がってしまいます。でも、キャッシングはあくまで「借金」です。

「借金をしている」という認識を強く持たないと、長期的に利用してしまう可能性があるのです。

もし無計画な利用をすると、自分の返済能力に合わないような金額を借りてしまって返済が困難になることも考えられます。

借りたお金をどのようなスケジュールで返済していくかを事前によく考え、計画的に利用していくことが何よりも大切だといえるます。

ショッピング枠を使い切っていると借りられないカードも

ショッピング枠の利用限度額の中から、キャッシング枠がいくら利用できるか上限が決められます。たとえば、ショッピング枠の利用限度額である100万円をすべて使い切ってしまったとします。

すると、たとえキャッシング枠を利用していなくてもショッピングだけで限度額を超えてしまうのでどちらも利用できなくなってしまいます。

ショッピングの利用限度額の中にキャッシングの利用限度額も含まれているのです。利用限度額の面からも、やはり計画的に利用することがポイントだといえるでしょう。

クレカのキャッシング枠の金利はどのくらい?

疑問を抱く女性

クレジットカードのキャッシングは、現金を借りるサービスなので、利用すると当然に金利が発生することになります。

ここからは、キャッシングの金利を抑える方法や上限金利などについて解説します。

年18%程度のカードが多く消費者金融と同等

クレジットカードのキャッシングの年利は18%程度のカードが多くあります。これは、実は消費者金融の金利と同等です。キャッシングには利息制限法という法律によって上限金利が定められています。

借入額が10万円未満の場合は20%まで、10万円から100万円未満の場合は18%まで、100万円以上の場合は15%までとなっています。

ステータスの高いカードや利用実績によっては、これよりも低年利で借りられるケースもあります。

遅延損害金は年20%程度

キャッシング枠の遅延損害金の金利は年20%というのがひとつの目安になっています。キャッシング枠の支払いを遅れると、消費者金融を利用した場合と同程度の金利が適用されるということをしっかり覚えておきましょう。

クレカのキャッシングの借り方

スーツ姿の男性と電卓

クレジットカードの提携しているATMからキャッシングが利用できます。加えてクレジットカードによっては、事前に登録をしている銀行口座へ振込をしてキャッシングしているところもあります。

それでは、次にキャッシングの借り方についてみていきましょう。

コンビニATM

銀行や信用金庫のカードローンを利用する場合は、借り入れが自社のATMに限られているケースが多くみられます。しかし、クレジットカードなら近くのコンビニでいつでも利用することができます。

コンビニの場合は、ATM付近に設置されている看板を見れば、どのクレジットカード会社と提携しているのかがすぐわかります。もし、記載がなかったり不明であったりする場合は、実際にクレジットカードを機械に読み込ませて確認してみましょう。

コンビニに設置されているATMは、24時間の営業となっています。このため、融資を受けられる時間帯に縛りがないのも大きなポイントです。ただし、コンビニATMは手数料がかかることがあります。事前によく確認しておくようにしましょう。

提携ATM

ATMにカードを入れている画像

銀行のATMの場合、キャッシングの利用可能な機械はATMとCD機(キャッシュディスペンサー)です。CD機は出金専門の機械です。もし、不明な場合については実際にクレジットカードを読み込ませて確認してみましょう。

なお、ATM利用時には手数料がかかることがありますので、事前によく確認しておくようにしましょう。

口座への入金

クレジットカードによっては、振込によるキャッシングを提供している場合があります。インターネットや電話で振込の依頼をすると、登録した銀行口座に振込による融資が受けられます。

振込でのキャッシングは、数十秒足らずのスピード融資に対応しているケースが多くみられます。ただし、時間帯によっては翌日以降の振込になるので事前の確認が必要です。

クレカのキャッシングの返済方法

返済計画の表示 お札と電卓

キャッシングの返済は基本的に「一括払い」または「リボ払い」(リボルビング払い)になります。「一括払い」とは、毎月の締め日までの利用分を支払日に一括で支払う方法です。

「リボ払い」とは、毎月の支払日に一定の金額を支払う方法をいいます。「一活払い」は一度の支払いで完済できるので手数料を抑えることができるのがメリットです。

それに対して「リボ払い」は、支払金額がほぼ一定金額となるので、支払いを管理しやすくなるのがメリットです。ただし、「一活払い」に比べて手数料が多くなってしまうので注意が必要です。

毎月の支払い負担を軽くしたいのなら「リボ払い」が適しています。また利息をできるだけ少なく抑えたいのなら「一括払い」が適しているでしょう。

毎月の支払金額の負担や利息を考慮したうえで、ご自身の考えに合った返済方法を選ぶようにしましょう。

口座引き落とし

通帳 電卓 ペンの画像

口座引き落としによる返済は通常よく使われる返済方法です。キャッシング利用分の支払日に口座から引き落としされる返済方法です。

クレジットカードの申し込み時に支払口座として設定した口座から自動引き落としされるので手間がかからないというメリットがあります。

一方、デメリットとしては、支払日まで借入元金の残高が残っていますので、その分の利息が発生してしまう点です。

また、口座に残高がないと引落不能になってしまうので注意が必要です。

ATM

クレジットカードによっては、任意のタイミングで利用残高の全部または一部を繰り上げて返済することも可能です。利息分を節約したい方は、ATMまたは銀行振込でこまめに返済していくようにしましょう。

そうすれば借入元金の残高が減り、その分の利息を減らすことができるのでおすすめです。

ショッピング枠とキャッシング枠の違いは?

ショッピング ブラウス鞄 靴 スカート 傘の画像

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の二つの枠があります。ショッピング枠は買い物をするための枠、キャッシング枠とはお金を借りるための枠です。

これらは、それぞれ別々の枠ではありません。ショッピング枠の中にキャッシング枠があって、それぞれに限度額が決められているのです。

たとえば、ショッピングで利用できる金額の上限が50万円、キャッシングができる金額の上限が20万円だったとします。

そして、ショッピング枠50万円の中でキャッシング枠は20万円に設定されていたとします。

このとき、もしキャッシングで20万円を借りるとショッピングで利用できる上限金額の残高は30万円ということになります。

このようにキャッシング枠とショッピング枠は別物ではないのです。キャッシングでお金を借りるとショッピングで利用できるお金の残高はその分が差し引かれるのです。

ショッピングでの上限金額が優先されるので、いくらキャッシングができるかについてはショッピング枠の残高によって決定されます。

キャッシング枠を変更したい場合にはどうしたらいい?

クレジットカードとキーボードの画像

ここからは、キャッシング枠を増やす方法や、不要な人のためにキャッシング枠を設けない方法についてご紹介していきます。

キャッシング枠の変更をする場合は参考にしてください。

キャッシング枠がいらない場合は0円に設定できる

クレジットカードのキャッシングサービスは、いざというときに簡単にお金を借りることができるので大変便利な機能です。

しかし、借金が嫌いな人やキャッシングを使う予定が全くない人にとっては邪魔でしかありません。

そのようなときは、キャッシング枠の設定を0円にしておきましょう。キャッシング枠を設定しなくても、通常のカード機能には全く問題ありません。

キャッシング枠が足りない場合は増額してもらう

資金不足の立て札 困っている人形の画像

クレジットカードのキャッシング枠は、通常は30万円程度までなら比較的簡単に増額できるでしょう。ただし、むやみに増額をすると多くの借金を背負ってしまう可能性があります。

また紛失や盗難の発生時には、リスクを増幅させることにもなります。キャッシング枠の増額は、慎重に考えたうえで適切な金額を申請するようにしましょう。

なお、どちらのカード会社でも50万円を超えるキャッシング枠の増額は収入証明書の提出が必要となるので、参考に覚えておきましょう。

クレカのキャッシング枠はいざというときに頼りになる

頼りになる グーポーズをする男性

クレカのキャッシングは、使途を限定せず、担保なし、保証人なしで、簡単に少額の融資を受けることができるサービスです。

これに対して、住宅ローンや教育ローンは、ローンの使用目的が定まっているため、担保や保証人などをつけなければ融資を受けることができません。

クレカのキャッシングは、このような使途の縛りがないので、いざというときには非常に頼りになるサービスなのです。ただし、住宅ローンなどよりも高めの利率になる点については十分な注意が必要です。

キャッシングにおすすめのクレカを知りたいなら

以下、キャッシングにおすすめのクレカを2つご紹介します。ぜひ参考にしてください。

ライフカード

全国のATMからキャッシングの借り入れが可能となっています。

24時間いつでも借り入れができますから、急に現金が必要になったときも安心です。

海外でも使えますので、海外によく行く人にはおすすめです。(年率15~18%)

三井住友カード(NL)

初めてキャッシング付きのクレジットカードを持つのなら、こちらのカードがおすすめです。

利用枠は50万円と上限が決まっています。満18歳以上であれば誰でも申し込みが可能です。(年率18%)

クレジットカードのキャッシング機能は、いざというときに非常に頼りになります。担保なし、保証人なし、審査なし、使途の限定なしで簡単にお金が借りられる便利なサービスです。

しかし、良いことばかりではありません。万が一、無計画に利用をすれば返済が困難になってしまうこともあります。

キャッシングはあくまで「借金」なので、「借金をしている」という強い認識を持たないと大変な事態に陥る可能性もあるのです。

キャッシングを便利に使うには借りたお金をどのように返済していくかを事前によく考え、計画的な利用に心がけるようにしましょう。

これこそが、キャッシングサービスを有効に使うための「ポイント」であり、「コツ」であることをしっかりと覚えておきましょう。