カードローン会社を選ぶときのポイントとは?カードローンの種類やメリット・注意点も併せて解説!

カードローンは借りすぎのリスクや金利が高いといったマイナスのイメージがあり、しばしば問題視されることも多いです。

しかし、カードローンの金利や限度額・審査スピードなどの特徴は、会社や商品によって異なります。

後から「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう、カードローンを利用する場合は、ローン会社・商品それぞれの特徴をしっかり理解しておきましょう。

この記事では、カードローン会社を選ぶときのポイントとして、カードローンの種類・利用するメリット・カードローンを利用するときの注意点も詳しく解説します。

カードローンの利用を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

カードローン会社の選び方?

考える女性

カードローンはローン会社やローン商品によって、金利や審査スピード・利便性・申込条件などが違います。

また、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンなど、運営する会社ごとの違いもあります。

そのため、カードローンを選ぶ際は公式サイト等の商品概要をよくチェックし、特徴や申込条件などをしっかりと把握して決めましょう。

カードローンの仕組み

日本円マークとたくさんのハテナと黒板

カードローンとは、消費者金融や銀行などの金融機関が提供している、個人向けローンサービスです。

借入を行うときに金融機関が発行したカードを利用するため、「カードローン」と呼ばれています。

最近はオンラインで24時間いつでもどこでも借入申し込みが可能なカードローンも増え、コンビニATMから借入・返済を行うことができ、利便性も高まっています。

カードローンの借り入れは、限度額内であれば何度でも利用可能です。

カードローンの返済額は元金に金利を加えたもので、金利は利用する金融機関や借入額によって違います。

カードローンの返済期間は基本的には自分で設定可能です。カードローン各社で最低返済額が決められており、さまざまな返済方法を選べます。

毎月の返済額が少なければ返済期間は長くなり、返済金額が多ければ返済期間が短くなります。

カードローンの種類

ローン

カードローンは、大きく分けると銀行系消費者金融系の2種類あります。

また、「お金を借りられる」という点では、クレジットカードのキャッシング機能を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、銀行系カードローン・消費者金融系カードローン・クレジットカードにどのような違いがあるのかをみていきましょう。

銀行系

銀行系カードローンとは、銀行が提供しているカードローンです。

銀行は「銀行法」に基づいて運営を行っています。銀行法とは都市銀行や地方銀行などを対象とした法律で、消費者金融系に適用される「貸金業法」とはさまざまな違いがあります。

銀行法には貸金業法の「総量規制」というルールは設けられていません。

ただし、利用者が借りすぎてしまうことを防ぐために、他社からの借入額を考慮しながら審査を行う銀行は増えてきています。

銀行系カードローンの特徴は、全体的に金利が安いことです。

その分、審査に要する時間が長く、数日〜1週間程度はかかります

そのため、消費者金融系カードローンのように即日融資には対応していないので、すぐにお金が必要な場合は銀行系カードローンは向いていないかもしれません。

消費者金融系

消費者金融系カードローンとは、消費者金融業を営む会社が提供しているカードローンのことです。

消費者金融とは個人を相手にお金を貸す事業者のことで、銀行のように預貯金のサービスはありません。

消費者金融は「貸金業法」に基づいて貸付けを行っており、借主の年収の3分の1を超える貸付けをしてはいけないという「総量規制」が適用されます。

そのため、審査の際には他社からの借入れ状況を確認します。

また、消費者金融系カードローンの特徴のひとつは審査が早いことです。実際にかかる時間はカード会社によって異なりますが、早い場合は即日融資できる場合もあります。

すぐにお金が必要な場合は、消費者金融系カードローンの利用を検討してはいかがでしょうか。

クレジットカード

クレジットカード

ほとんどのクレジットカードにはキャッシング機能が付帯しており、借入・返済をすることができます。お金を借りることができるサービスとしては、カードローンとほぼ同じです。

ただし、金利と利用限度額については若干の違いがあります。

一般的にカードローンはクレジットカードに付帯するキャッシングに比べて、金利が低めに設定されています。そのため、長期間利用する場合はカードローンのほうがお得です。

また、カードローンの利用限度額は、10万円から最大1,000万円まで設定しているところもあり、非常に大きな額の借入れが可能です。

一方、クレジットカードのキャッシング枠は、10万円から100万円程度までとなっています。

まとまったお金が必要な場合は、カードローンを利用しましょう。

銀行系と消費者金融系のカードローンの違いとは?

たくさんのクレジットカード

ここでは、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いについて解説します。

カードローンを利用するとき、どちらに申し込みしようか悩むと思いますが、それぞれの特徴を理解して選びましょう。

適用されている法律が異なる

利息制限法、出資法

消費者金融は貸金業者なので、法律では「貸金業法」が適用され、その中で規制されている「総量規制」の影響を受けます。

総量規制とは、「貸金業者からの借入残高が年収の1/3を超える場合、貸金業者は新たに貸付することができなくなる」という規制です。

一方で、銀行系カードローンは「銀行法」が適用されます。

銀行は貸金業者ではないため、銀行系カードローンは総量規制の影響を受けません。法律上は利用者の年収の1/3を超えて貸付することができます。

ただし、銀行系カードローンの審査でも他社での借入件数・金額が多すぎると、審査にマイナスの影響を与える場合もあります。

保証会社の有無

カードローンには消費者金融系カードローン・銀行系カードローンの2種類あります。

そのうち保証会社を設けているのは、銀行系カードローンのみです。

融資までにかかる時間が異なる

銀行系カードローンよりも消費者金融系カードローンのほうが審査スピードが速い傾向にあります。

銀行系カードローンの審査では警察庁のデータベース照会に時間がかかるので、審査結果が出るのは最短でも翌営業日です。

消費者金融は最短30分で審査が終わる会社もあり、即日融資も可能です。

上限金利が異なる

カードローンの金利は、消費者金融系カードローンよりも銀行系カードローンのほうが低い傾向にあります。

カードローンでは「●%〜●%」というように、下限金利と上限金利が決められていることが多いです。

下限金利が適用される場合はかなり大きな限度額が設定されていることが多く、新規の利用では高めの金利が設定される傾向にあります。

そのため、カードローン選びでは上限金利をチェックしましょう。

低金利なカードローンを探したい方には、消費者金融系カードローンよりも銀行系カードローンのほうがおすすめです。

審査の難易度が異なる

銀行系カードローンのほうが消費者金融系カードローンよりも審査が厳しい傾向にあります。

銀行系カードローンは低めの金利が魅力ですが、低金利でお金を借りるためには厳しめの審査を通過する必要があります。

今までカードローンの返済やクレジットカードの支払いに遅れたことがあり、信用情報に難がある方は審査がゆるい傾向にある消費者金融系カードローンがおすすめです。

カードローンとキャッシングはどう違う?

使い道が自由な借入れといえば、カードローン以外にもクレジットカードのキャッシング機能があります。

好きなように使えてカードでお金が引き出せるという点が共通しているため、この2つがどう違うのかわからない人もいるかもしれません。

相違点のひとつとしてあげられるのは、カードローンにはショッピング枠がついていないことです。

クレジットカードはショッピングに特化しているカードですが、必ずキャッシング枠がついているわけではありません。

また、クレジットカードのキャッシングは借入れした分だけショッピング枠から差引かれることもあるため、利用には注意しましょう。

借入れが可能な限度額については、クレジットカードよりカードローンのほうが高額な傾向があります。

金利も異なりますが、これはカード会社や契約内容に応じて変わるので、どちらが高いか安いかは一概にはいえません。

返済方法については、大きな違いがあります。クレジットカードでキャッシングをすると、通常はショッピング利用と合算して毎月返済するか一括返済が多い傾向にあります。

一方、カードローンは返済方法に柔軟性が高く、ATMからの返済・口座振替・窓口返済などが利用可能です。分割支払いができるほか、繰上返済や一括返済なども自由に選べます。

カードローンのメリット

メリット

これまでに説明したように、カードローンとは銀行・消費者金融が取り扱っているローン商品のひとつです。

ここでは、カードローンを利用するメリットを解説します。

保証人や担保が必要ない

カードローンは「無担保ローン」という金融商品です。

手続きには保証人はもちろん、不動産といった物的な担保が不要です

有担保のローンでは利用者が返済不可となった際に、保証人への請求・担保の処分が行われますが、無担保ローンではそういったことはありません。

必要なタイミングで借りられる

ATMのイメージ

利用限度額の範囲内であれば、必要に応じて何度でも借りられる点もカードローンのメリットです。

カードを利用できる提携ATMは銀行やコンビニにあるため、急にお金が必要となったときも安心です。

カードローンによってはインターネットで手続きすると口座へ即時振込するサービスを提供しているところもあります。

利用できるシーンに制限がない

カードローンは用途が限定されていないため、さまざまなシーンで使えます。

また、カードローンによっては最短1分で振込してくれる会社もあり、使いたいときにすぐ借り入れ可能です。

なかには土日祝でも振込可能なカードローンがあるため、お金に困ったときには曜日を選ばずにすぐ借りられます。

カードローンは、土日祝にお金を借りたい方にも大変便利です。

計画的に返済可能である

カードローンを利用する前に返済シミュレーションをして、返済計画を立てられます。

ここでは、シミュレーションの計算方法について解説します。

「毎月どのくらい返済したらいつ完済できるのか?」という疑問は、カードローンを利用するすべての方が抱える疑問ではないでしょうか。

そのような場合に便利なのが、返済期間や毎月の返済額などを入力するだけで試算することのできる「シミュレーター」です。

シミュレーターを利用して試算できるのが、毎月の返済額・返済期間・借入可能額などの項目です。

例えば、20万円を金利14%で借り入れし、1年間で返済する場合、毎月の返済額は17,957円となります。

計算式は返済合計額÷返済月数ですが、元金と利息がともに変化する点に注意が必要です。

カードローン会社を選ぶときのポイント

アイデアのイメージ

ここでは、カードローン会社を選ぶときのポイントを解説します。

審査の通りやすさ・借りやすさ・金利の面でみていきましょう。

審査の通りやすさ

審査をせずにお金を借りられるカードローンは存在しません。「審査なし」を謳う会社は違法業者の可能性が高いので注意しましょう。

しかし、「審査通過率」でみると、ローン会社によって審査通過率が異なることがわかります。

これはローン会社の経営方針によって審査基準に違いがあるからです。

審査に通るかが心配な場合は、「貸金業者登録」のあるカードローンの中から成約率を比較して、借入先を選びましょう。

また、大手消費者金融と中小消費者金融では審査基準が異なる場合があります。

公開されている審査通過率が40%前後で推移しているのはアイフル・プロミス・アコムの3社です

借りやすさ

ATMとお金

借りやすいカードローンと聞いて、多くの方が思い浮かべるのは消費者金融系カードローンではないでしょうか。

消費者金融はテレビCMで放送されているプロミスアコムなどの大手企業だけではありません。あまり知られていない中小消費者金融も複数あり、急な入用にも対応できるサービスを提供しています。

「中小消費者金融のカードローンの方が借りやすい」という情報を目にすることもありますが、審査基準は公表されていません。

低金利であるか

カードローン各社で設定されている金利は必ず確認しましょう。

金利の設定方法は各カードローン会社によって異なりますが、契約限度額が高くなるほど低くなる傾向があります。

総返済額が大きく変わるため、金利はできるだけ低く抑えたいという方も多いと思います。

大手消費者金融各社が提供している「無利息期間」のサービスに注目しましょう。

無利息期間は契約日の翌日から数日間がサービス適用期間となり、その期間は金利がかかりません。

カードローンは銀行系と消費者金融どっちを選ぶ?

選択

銀行系・消費者金融系どちらを利用するのかは、カードローンを利用する理由やお金の悩みによります。

さらに、同じ銀行系カードローン・消費者金融系カードローンでも、会社によってさまざまな違いがあります。

融資までのスピードや審査の通りやすさ・借り入れできる金額などの面を考慮して、自分に合ったローン会社を選びましょう。

カードローンを利用するときに注意すべきこと

注意喚起

カードローンの利用はメリットばかりではありません。

デメリットとしてまず挙げられるのは金利です。

カードローンは、住宅ローンなどの目的ローンと比較すると金利が高めに設定されています金利が高いと利用者の返済負担が大きくなります。

また、カードローンは返済期間が長期化しやすい傾向があります。手軽に融資を受けられるという側面から、借り過ぎてしまう点に注意が必要です。

カードローンは毎月一定額の返済をしますが、月々の返済額が少額だと返済による元金充当額も少ないため、必然的に返済期間が長くなります。

返済期間が長くなるとて利息が発生する期間も長くなり、完済までに支払う総額が大きくなる点にも注意してください

 カードローン利用のデメリットとして、他社ローン審査への影響があることも意識しましょう。

カードローンを利用すると信用情報機関に利用情報が登録され、金融機関は加盟している信用情報機関に自社ローンの利用状況を報告しています。

信用情報機関に登録された情報は他社も照会できるため、カードローンを複数利用していると「経済的に余裕がない」と判断され、審査に通らない可能性が高くなります。

カードローンは収支的に無理がない範囲で、延滞等をせずに健全に利用しましょう。

自分が無理なく返済できるローン会社を知りたい場合は、カードローンキャッシングマスターをご利用ください。

カードローンは会社選びが重要

OK

各ローン会社が展開する商品を比較・検討するときは、利便性・サポート体制・金利の3つを重視しましょう。

申込方法や借入方法、返済方法の選択肢が多いほど、便利にカードローンを活用できます。急いでお金が必要な方にとって、とくに融資スピードは重視したいポイントです。

インターネットから申し込みができる・コンビニなどの提携ATMで利用できると便利です。

また、カードローンを初めて利用するという方は、申込時に不安を抱きやすいです。不安を解消するためにも、フリーコールをはじめとした問い合わせ窓口の有無を確認しましょう。

 カードローン各社で設定されている金利は総返済額に大きく影響するため、必ず確認しましょう。金利の設定方法は各ローン会社によって異なりますが、契約限度額が高くなるほど低くなる傾向があります。

カードローン各社の無利息期間を上手に活用することで、利息を抑えた借入ができます。

利便性が高いローン会社や無利息期間があるローン会社を知りたい場合は、ぜひカードローンキャッシングマスターをご覧ください。